法定相続とは

財産のある方が、遺言せずに亡くなると、その財産は
民法で定められた相続人へ、決められた分が相続する方に渡ります。
これを「法定相続」といいます。
 
遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる
相続をさせることが可能
です。
ただしこの場合、遺言書が相続人の遺留分を侵害するものではないか、というトラブルが生じるケースがあります。
【最終】福本先生にこやか.pngのサムネール画像
 
 

法定相続人の順位または割合

順位   法定相続人     割合 
1   子と配偶者     子=二分の一  配偶者=二分の一 
2   直系尊属と配偶者  直系尊属=三分の一  配偶者=三分の二 
3   兄弟姉妹と配偶者  兄弟姉妹=四分の一  配偶者=四分の三
 
遺言書がなく被相続人が亡くなると、法定相続では以下のように決められています。
 
・配偶者は常に相続人
・直系尊属は、子がいない場合の相続人
・兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人
 

法定相続分

「法定相続分」とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。
ですから、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。
 
遺言書は、亡くなった方の自由意志を反映させるものですが、後々もめないようにするには、作成時にまず参考にされるべきもの法定相続分なのです。
 

些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

どんな些細なお悩みでも、お気軽にご相談下さい。03-5282-2402
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

Copyright (C) 不動産の相続問題に強い弁護士|福本法律事務所 All Rights Reserved.
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-11 イー・フロントビル7階
神田・淡路町・小川町駅から徒歩圏内の地域密着の事務所です。