遺留分と遺留分減殺請求

遺留分とは、相続財産の一定の割合を受け継ぐことを兄弟姉妹以外の相続人に保障する制度です。
 
亡くなった人は遺言や生前贈与で自由に財産処分できるのが原則です。
しかし、相続には遺族の生活保障や財産形成に貢献した人に対する清算という意味もあるので、財産処分を全て亡くなった人の意思に委ねてしまうと、遺族の保護が図れないという不都合が生じます。
【最終】福本先生にこやか.pngのサムネール画像
 
この亡くなった人の財産処分自由の原則を認めつつ、遺族の保護も図るために遺留分という制度を定めて、相続財産の一定割合を兄弟姉妹以外の相続人に保障することにしたものです。
 
ただし相続財産の一定割合の保障というのは、当然に保障されるというものではありません
生前贈与や遺言によって法律で保障された一定割合すら確保できない状態になった時に、一定割合を確保されなかった相続人は、生前贈与や遺言で財産を取得した人に対して、法律で定められた一定割合の範囲で財産の取り戻しを請求できるという形で保障されています。この遺留分を確保するために財産の取り戻しを請求することを遺留分減殺請求といいます。

 
例えば、被相続人が遺言や生前贈与で、全財産を特定の子供だけに譲るというものであった場合に、遺言や生前贈与で財産を譲り受けなかった他の子供は遺留分の範囲で財産の取り戻しを請求できます。
 
各相続人の遺留分として定められているのは、以下の通りです。
 

法定相続人が両親祖父母のみ(直系尊属)のみ場合

遺産の3分の1
 

上記以外の場合

遺産の2分の1
   ただし兄弟姉妹には遺留分は認められません
※同順位の相続人が複数いる場合は人数に応じて均等割りとなります。

 
・遺言書が出てきたが、自分の遺留分すらもらえない内容になっている
・遺留分減殺請求を行いたい
 
このような場合は、弁護士にご相談ください。
 
 

遺留分に関する他の記事を見る

遺留分とは
●遺留分減殺請求をされたら
遺留分減殺請求をするには

 

些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

どんな些細なお悩みでも、お気軽にご相談下さい。03-5282-2402
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

Copyright (C) 不動産の相続問題に強い弁護士|福本法律事務所 All Rights Reserved.
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-11 イー・フロントビル7階
神田・淡路町・小川町駅から徒歩圏内の地域密着の事務所です。