特別受益と寄与分

遺産分割についての裁判は、遺産分割調停や審判という手続をとられるのが普通です。
 
しかし、遺産分割の調停や審判は主に、遺産の分け方を決めための手続です。
ですので、遺産の分け方の争いについてではなく、遺産かどうかの争いや使い込みがあったかどうかという争いの場合には遺産分割調停や審判では上手く解決できないことがあります。
【最終】福本先生にこやか.pngのサムネール画像
 
遺産分割は、相続時に遺産を法定相続分で分けるのが原則です。
 
そしてこの法定相続分は子供が2人の場合の子供同士では平等な割合になるのが原則です。
しかし、生前贈与が行われて亡くなった人の財産の大半を子供の1人が譲り受け、死亡時に残った財産だけを遺産分割の対象にすることになると、相続人の間で不公平になります。

また、1人の子供のうち、1人が親の資産に形成に貢献しもう1人が何もしていない場合でも、原則どおり相続分が平等とすると不公平に感じます。
このような相続人の間の不公平を解消するために特別受益寄与分という制度が設けられています。
この特別受益と寄与分も揉めることが多いので早めに相談されることをお勧めします。
 

特別受益とは

特別受益とは、特定の相続人が、被相続人から生前に受けた特別な利益のことです。
例えば、相続人のうちの1人が生前に自宅の建築資金を出してもらった、
マンションを買ってもらった、などです。

 
このような場合、これを相続財産の前渡しとみなして、特別受益を受けた人は相続分から特別受益を差し引いた額を相続分とします。
このことによって相続人の間の公平を図っています。
このように特別受益を加えて相続分の計算をすることを特別受益の持ち戻しといいます。
 
・相続人の1人が、生前に被相続人に自宅を買ってもらった
・相続人の1人が、生前に被相続人から、自宅の建築資金を出してもらった
・相続人の1人が、生前に被相続人から、生活費の援助を受けていた
・被相続人の預金口座から、多額の使途不明金が支出されており、相続人の誰かが受け取った可能性がある。
 
このような場合は、特別受益の持戻が認められる可能性がありますので、弁護士にご相談ください。
 

寄与分とは

寄与分とは、相続人の中で、被相続人の財産形成または維持に特別の寄与をした者に、法定相続分以上の財産を取得させ、実質的な公平を図る制度です。
 
・親の家業に従事して財産を増やした
・親の介護をして介護費用の支出を抑えた
 
このような場合は、寄与分が認められる可能性がありますので、弁護士にご相談ください。
 

些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

どんな些細なお悩みでも、お気軽にご相談下さい。03-5282-2402
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

Copyright (C) 不動産の相続問題に強い弁護士|福本法律事務所 All Rights Reserved.
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-11 イー・フロントビル7階
神田・淡路町・小川町駅から徒歩圏内の地域密着の事務所です。